お客様本位・オンリーワン住宅の川祥建設株式会社

TEL 0545-52-5312

  • お問い合わせ
  • メンバーズ
    • お客様
    • 業者様

家づくり&施工事例 -住宅事業部-

家づくり&施工事例 -住宅事業部- > +αの性能アップ仕様「低炭素住宅」

+αの性能アップ仕様「低炭素住宅」

川詳建設の「低炭素住宅」

住宅の省エネ性を高める低炭素住宅

 低炭素住宅とは建物の断熱性、給湯や換気、照明など住宅設備の効率を高めることにより、一次エネルギー消費量が10%減らせると認められた住宅のことです。

 省エネ性能の高い住宅を補助金や税制面などで優遇する「低炭素住宅」の認定制度をぜひご利用ください。

低炭素建築物認定制度について

 省エネルギー基準の見直しと同時に新たに制定された「都市の低炭素化の促進に関する法律」(エコまち法)に基づき、「低炭素建築物新築等計 画の認定制度」(低炭素建築物認定制度)が創設されました。
これは、市街化区域等内において、低炭素化に関する先導的な基準に適合する建築物を認定する制度です。

「都市の低炭素化の促進に関する法律」(エコまち法)とは

 「都市の低炭素化の促進に関する法律」(エコまち法)とは、東日本大震災を契機とするエネルギー需給の変化や国民のエネルギー利用・地球温暖化問題に関する意識の高まりを受けて、特に多くの二酸化炭素が排出される地域である「都市」における低炭素化を促進するために制定されました。

 低炭素建築物として認定されるためには、外皮性能の省エネルギー基準への適合に加え、一次エネルギー消費量が省エネルギー基準よりも10%削減できること、低炭素化対策を採用していることが要件となります。

「都市の低炭素化の促進に関する法律」(エコまち法)