お客様本位・オンリーワン住宅の川祥建設株式会社

TEL 0545-52-5312

  • お問い合わせ
  • メンバーズ
    • お客様
    • 業者様

家づくり&施工事例 -住宅事業部-

家づくり&施工事例 -住宅事業部- > 標準仕様「基礎」

標準仕様「基礎」

川祥がおすすめする耐震性に優れた工法のご紹介

川詳建設の基礎仕様

ワンランク上の高耐久ベタ基礎仕様

ベタ基礎は底盤の一面が鉄筋コンクリートになっており、家の荷重を底盤全体で受け止め、面で支えます。地面をコンクリートで覆うので、地面から上がってくる湿気や白蟻の侵入を防ぎます。

基礎工事の工程について説明します。

1.掘り方
1. 掘り方
重機を使って、建物の基礎型に掘り、砕石を敷きランマーで締め固めていきます。
大切な基礎の底になる部分ですので、慎重に作業を進めます。
2.防湿シート施工
2. 防湿シート施工
上記の接合金物を当社プレカット工場で取り付けします。
3.ベタ基礎底盤配筋施工状況
3. ベタ基礎底盤配筋施工状況
D13(直径13mm)の鉄筋を狭い間隔(150mmピッチ)でぎっしり配筋。強度もアップし安心です。
4.基礎立ち上がり配筋状況
4. 基礎立ち上がり配筋状況
主筋D13×2(上端と下端に2本の13mm鉄筋を配筋)、横筋D10を200mmピッチで配筋。
5.基礎配筋状況出来形
5. 基礎配筋状況出来形
基礎の配筋が完成し、検査も合格しました。ここに生コンクリートを流していきます。
6.基礎出来形
6. 基礎出来形
生コンクリートが固まるのを待ち、型枠を外し、基礎完成。アンカーボルトなどの金物も綺麗に付いています。
次は「構造躯体」を見てみましょう!!