お客様本位・オンリーワン住宅の川祥建設株式会社

TEL 0545-52-5312

  • お問い合わせ
  • メンバーズ
    • お客様
    • 業者様

家づくり&施工事例 -住宅事業部-

家づくり&施工事例 -住宅事業部- > +αの性能アップ仕様「制震ダンパー」

+αの性能アップ仕様「制震ダンパー」

TRCダンパー

木造住宅用 地震対策 制震システム「TRCダンパー」

 TRCダンパーは、地震エネルギーを揺れに応じて吸収。
そのエネルギーを熱に変えて放出する、特種なゴムを内蔵しています。
このゴムの特長により、建物の揺れを大幅に低減。
揺れを抑えることで壁の損壊や家具転倒を防止します。
「倒れない家」だけでなく「壊れない家」にするために。
木の家に、制震システムTRCダンパー。
地震に対して敏感にならざるをえない今。お伝えしたい技術です。

制震とは

 地震対策のコンセプトは、大別して3種類に分かれます。それぞれにメリットのあるなか、お薦めしたいのが「制震」です。『制震』は、建築コストに対して安価に建物の安全性を高める新技術です。

地震エネルギーを吸収する「制震」、くらべると見えてくる様々なメリット

  制震 耐震 免震
特長 壁に入った地震エネルギーを『吸収』して揺れを抑える 壁を増やしたり、固くしたりして地震の揺れに『耐える』 建物の下に装置を設置し、地面の揺れを建物に『伝えない』
建物の変形 耐震に比べ、最大50%程度の変位低減が可能 筋交いや合板で耐えるが、ダメージが残る可能性がある 耐震に比べ、最大90%程度の変位低減が可能
(地震周期により影響される)
加速度の低減 加速度が低減される 加速度は低減されない 加速度が大幅低減される
コスト 低価格   高価格
地盤の制限 制限なし 制限なし 軟弱地盤には適していない
備考 新築はもちろん改修にも使える
※使用する上で制限がない
繰り返しの地震があるごとに強度が落ちる 長周期地震には適していない

TRCダンパーの仕組み

 制震に高い効果のある、TRCダンパー。TRCダンパーは「特殊粘弾性ゴム」をダンパーに入れ伸び縮みさせることで、地震エネルギーを熱エネルギーに変換、吸収します。

TRCダンパーの仕組み

TRCダンパーのメリット

高い制震効果・くり返しの地震に強い。
(1)高い制震効果・くり返しの地震に強い。
 震度6強で水平変位を最大50%程度揺れを吸収。建物の損傷被害の軽減が期待できます。特殊粘弾性ゴムが地震エネルギーを吸収し、耐震に比べ建物へのダメージの蓄積が小さく、余震などのくり返しの地震にも高い効果が期待できます。
60年相当の加速試験で性能変化が10%以下であることを確認!
(2)メンテナンスフリー
 TRCダンパーの特殊粘弾性ゴムは時間経過や温度による性能の変化が少ないため、メンテナンスがなくても優れた効果を持続することができます。
新築・リフォーム向け認定・評価を取得
(3)新築・リフォーム向け認定・評価を取得
  • 国土交通省の大臣認定「壁倍率1.3」を取得(認定番号FRM-0372)
    新築時は耐力壁として耐震等級の向上につながります。
  • (財)日本建築防災協会 技術評価を取得(認定番号PDA-住技-28-1)
    リフォーム時は耐震補強の補助金対象工法となります。